一定の利息

借金をしますと必ずかかってくるのが利息です。

その利息なのですが、一応は一つの借金につきまして一定の額となっています。

いわゆる、15パーセントなら返済開始から返済終了までずっと同じ利息になっているというわけです。

基本的には変化はありません。その利息なのですが、実は変化をするケースがあります。

それは、借金の返済が遅延した場合です。

もしも、借金の返済が遅延をしてしまったケースなのですが、遅延損害金というものが発生します。

いわゆる、利息の上乗せがあります。消費者金融では最大で29・2パーセントの利息になります。

20パーセントが上限金利ですので、それに遅延損害金の最大のものを出ある1・46倍をかけますと、29・2パーセントになるというわけです。

一方でそういった遅延損害金が発生しつつもそこまで大きな利息にならないケースもあります。

それは銀行の個人事業主借入というものです。

その銀行の個人事業主借入の重要ポイントであります遅延損害金なのですが、

もともとの金利が消費者金融に比べて低めに設定されているということがあります。

それも銀行の個人事業主借入の重要ポイントであるといえるでしょう。

そこで銀行の個人事業主借入の重要ポイントであります遅延損害金なのですが、高くても20パーセントほどです。

まず20パーセントを超えることは少ないです。

もちろん、それでも普段よりは高い金利です。

ですので、やはり銀行の個人事業主借入といいましても返済はしっかりとおこなっていく必要があります。