総量規制

いまローンで最も注目されているものに、総量規制というものがあります。

テレビコマーシャルなどでも活発に宣伝されています。

その総量規制なのですが、借金の額をコントロールするものになっています。

いままでは、貸金業者側が借入限度額などを決めていました。

しかし、総量規制によりまして、借入限度額が規制されるということになったというわけです。

その総量規制の中身なのですが、具体的に申しますと、年収の3分の1までしか融資は受かられないということです。

例えば、年収が450万円の場合なのですが、総量規制では150万円以上は借りられないということになります。

ですので、上記の場合もうすでに150万円の借金がある場合には、これ以上は消費者金融は利用できません。

利用したければ返済を進めていくしかないというわけです。そこでなのですが実は総量規制の範囲外のローンも多いです。

その一つは個人事業主借入というものです。個人事業主の方が利用できるローンです。

総量規制の範囲外という個人事業主借入の重要ポイントは利用前にしっかりとチェックしておくべきです。

そもそも総量規制の範囲外という個人事業主借入の重要ポイントなのですが、個人事業主借入は額がかなり大きなものになります。

ですので、その点はチェックしていかなければいけないというわけです。

総量規制の範囲外という個人事業主借入の重要ポイントはチェックが可能な部分ですので、前もってしっかりと着目していくべきです。

ですが借り過ぎないということも覚えておかねばいけません。